interior

2010/09/22

陰翳礼賛

浅草を脱出した後は乗り換えに次ぐ乗換えで一路六本木は国立新美術館へ。

ここはねー、以前来たときに撮り足りなかったので再挑戦を夢見ていたんですねー。

_mg_3117

いつ見てもステキ曲線。ステキ空間デザイン。

_mg_3142

コルビジュエっぽーい

_mg_3154

おや、この椅子は。

因みに目的は、ここで行われている展覧会

Photo_2

『陰影礼賛』。

様々な個性を持った「かげ」にスポットを当てて、芸術作品やその歴史、流行の中でかげがどのように扱われ、どのような役割を果たし、どのように表現されてきたかを考え、かげの諸相に光をあてる展覧会です。

なんとこの展覧会、国立美術館コレクションによるもので、独立行政法人国立美術館の管理・運営する国内5つの国立美術館の所蔵作品が一処に集まる貴重なチャンス!!

絵画から版画、写真やインスタレーションに至るまで、西洋近世から内外の近代美術を射程として多角的に考察している本展、非常に素晴らしかったです。

ミュージアムショップに行って即図録購入いたしました。

あんまり素晴らしくその影響を受けてしまったので(笑)、ここからはミヤモトなりの陰翳礼賛をお送りします。

_mg_3119

_mg_3128

_mg_3134_2

_mg_3132

_mg_3146

_mg_3135_2

_mg_3137

_mg_3133

_mg_3143

展覧会閲覧に思った以上に時間をかけてしまって、出てきたときには18時過ぎ。世間様ではまだまだ外にいられる時間ですが美術館閉館もあってなんだか蛍の光的な空気に。

最近めっきり日が落ちるのも早くなったようで、なんとかかんとか夜景を撮ってみました。

_mg_3169

_mg_3165

_mg_3172

とはいえ、世間様ではまだまだ外にいられる時間でしたのでこの後はミッドタウンをぶらぶらしまして、美味しいご飯を食べました。

IDEEのルームフレグランスが超お気に入りでした。いつか買うかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/25

結構高いんです



さっさと寝なければいけないのですが。




じゃーん!


Img_2186

結構有名なので知っている人も多いのではないでしょうか。


かの有名な建築家、ル・コルビジュエのデザインしたソファ、LC-2です。


その、ミニチュアです。


インテリアに関してはさほど明るいわけではないのですが、少年時代に建築家を志していたとき、コルビジュエに触れた折知って以来(有名な建築家がインテリアをデザインすること自体は珍しくもなんともない)、なんてセンシティブでシンプルで、カッコイイソファだろう!このソファのためなら腎臓1つくらい差し出してもいいかもしれないわ!とむやみに心躍らせておりました。


とはいっても、ミヤモトごときでは腎臓1つ差し出したくらいではビンテージどころかレプリカも変えないので、何年か前からのデザイナーズ家具ブームに乗って一斉にミニチュアが出た際に、すあ!と飛びついて買ったわけです。


で、まあなんとなく部屋に置きっ放し飾っていたのですが、

ここにきてインテリア専攻のハルさんとのお付き合いが濃くなったため(気持ち悪いくらい仲がいいように見えますが、他に友達がいないだけで仲のよさ自体は普通なんですが)、なんとなーく家具にハマりかけたりしている今、待望のアップです。


なんとなーく家具にハマりかけたりしているので、次はサーリネンのチューリップとかイームズのシェルサイドチェアーが欲しいなあ!と考えています。

チューリップ、レプリカくらいなら買えると思うんですが正直この部屋では生かし方が全く見えてこないので恐らくミニチュアになってしまうかと。


とりあえず部屋なんとかしねえとなー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/19

本邦初公開

念のためですが、画像をクリックすると大きくなりますよ。

えー

現在ミヤモトは大規模な部屋の模様替えを計画中。

その見本となるハル邸内部の公開を、何とか許可いただいたので気が変わらないうちにアップします。

Img_1112

酔っ払っていたので手元がひどいことになっていますがそこはまあモザイク代わりということで。

なんとこのソファで寝ると体がどこも痛くならない魔法のソファです。

というかもうベッドです。ステキベッド。

ハルさんお気に召さないらしく引越し時に処分を決意しているのでミヤモトが買い取り予約しました。

模様替え終わるまで引っ越さないでね?

| | コメント (1) | トラックバック (0)