« 2013年4月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014/06/23

Googlentain day



人はどうしてパン屋でトングを持つとカチカチ威嚇するのか。





怒涛の更新です。こういうものは間を空けたらあかん。


前回はミヤモトのバレンタインをご紹介したわけですが、

実はバレンタインこれだけではありませんでした。


なぜならミヤモトが働いているのはあの楽しんで仕事しようで有名な外資企業。

イベントがあるたびに大騒ぎ。

チームメンバーの誕生日には近所で買ってきたホールケーキを切り分けて業務時間中に「♪Happy Birthday~」で大騒ぎ。


と言うわけで、みなさんからいただきました。


_mg_5407

MaiさんYumiさんYuiさんAkemiさんMiwaさんから。


あのね、昼休みになったとたん周りの女子たちがいっせいに動き出すわけですよ。

あっちこっちに練り歩いて方々に配りだすという。

まるでTrick or Treat。

食堂に長蛇の列ができるので早めに行きたいのだけれど、なんとなく待ってなきゃいけない感じ(←失礼)。


そして_mg_5406


こちらはAd Policy(広告審査)のSaemiちゃんから。最近急激にミヤモトとだけ仲良くなったのでミヤモトの他のチームメンバーには渡してないらしく、昼食中にこっそりデスクにおいておくというクスリな技を使った・・・のはいいけどSaemiちゃん。

裸のmsgカードでモロバレだから。

ちなみにSaemiちゃん、高校卒業後現役入学したUCLAを卒業後新卒でGoogleに入社し、日本でただ一人商標に関する審査を行っている超残業ガールです。

そしてなぜか広告の人なのにGoogleMapチームが作った機能紹介の動画に出演しYoutubeにupされています。気になる人はYouTubeで『モバイルGoogleマップで交通状況が』で検索してみてください。

ただし、ミヤモトがばらしたことがバレるとすごい怒られるので内緒にしといてください(誰に)


あとはミヤモトの洋酒好きをどこからか聞きつけたMikuから

_mg_5405

リモンチェッロ。結構好き。



_mg_5402

こちらはRisaから。ルイ・ジャドとくれば当然中身は

_mg_5404 シャブリ=ブラン!!

お金使うとこ間違えてるーー!!


ミヤモト「こんな大層なもんもらって帰ったら何かと思われるわ」

Risa「あ、彼女さんに怒られるようなら飲んで帰ってくださいっ」


いや職場でワイン一本空けて帰る宴会芸は身につけておりませんが。



まあ今職場でこんながっつりバレンタインするところ、日本では減ってますからねぇ。軽いモテ期も錯覚できたしありがたいです。


ちなみにミヤモトからのお返しはこちら

Nec_5282

NOAKEのボンボンショコラ。

Bonbon1

色とりどりだし味とりどりだし可愛いし、うまいことチョイスしたのではないでしょうか。

中身はこんな。

Bonbon3_2

うんいーかんじー(ローラ)。



この勢いでがんがん更新します。予定。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/22

××ショコラティエ



どうも。超お久しぶりです。

あんまり久しぶりすぎて確認してみたら最終更新が一年以上前という奇跡!

大学時代の同期から来た今年の年賀状には

「最近更新してないね」

と書いてありました…


大丈夫ミヤモト元気です。

猫も元気です。



なんかね、転職をしてそこそこの企業に入ってしまったもんだからいろいろ紹介しなきゃいけない感に追われていたんですよね。当時。
ただ新入だけに忙しくてうまくバランスが取れませんでした。

トピックを限定することで記事に悩まされめちゃめちゃ時間がかかるのでつい後回しに…。


そんなわけでとりあえず書きたいこと書いていくからねえへっ☆


とりあえず、かなぇのブログが閉鎖されていて音信不通なのが気になる。

おーーーい。




さてさて。


更新をサボっているうちに時はずいぶんミヤモトを置き去りにしたもので、
様々なイベントが強制的に過ぎ去りし思い出になっております。

時期を外して更新するのもどうかと思ったのですが、とりあえずミヤモト的に大きな事件なので一つだけ!

2月14日、バレンタインデーです。

何がミヤモト的に大きいかというと、

人生史上のモテ期ミヤモトなんと!チョコレート食べられるようになりました!!


奇跡!!

ひきがねになったのは月9でおなじみのあのマンガなんですが。
去年の秋くらいから読み始めて、読んでるうちにおいしそうで「いいとこのチョコなら食べられるかも」とか言ってみたのがキッカケだったんですが。

「じゃあ今年のバレンタインには凄いチョコをくれてやるから覚悟しておけ!」
と猫に恐喝(?)されていたのです。

それがこちら。

01

ベルギーの有名ブランドDEBAILLEUL(ドゥバイヨル)のバレンタインボックス。
レラルディック、という商品らしいです。本場の名店らしい素敵ボックス。中を開けると

02

こんな感じ。底上げの二段箱になっていて、中身は

03

上段にプラリネが4つ。左下がシナモン、右下がヘーゼルナッツ、右上がスイートチョコをビターチョコでコーティング。左上がクラッシュヘーゼルとプラリネをミルクチョコでコーティング。
下段はフリアンディスの詰め合わせ。オランジェットにシトロネット、アーモンドとオレンジピールをチョココーティングした「ロシェ」(ノワール・レ・ブラン)とフリアンティーヌのチョココーティング「クリスタリン」(ノワール・レ)。

わあーステキアリガトウ!

と喜んでいたらなんだか気になる大きな袋。
何でこんな大きい袋で持ってきたんだ?

と思ったら。

04

追加便ーー!!

話を聞くとなんとこの日のために、年に一回世界中の超有名店が一同に集合する、新宿伊勢丹で開かれたサロン・デュ・ショコラ2014に乗り込んであちらこちらの有名店をハシゴしたとか。

すげーー
自分も食べたいからなんだろうけどそれにしてもすげーー。

ちなみにこちらはドゥバイヨル同様パリでMOF(フランス最優秀職人)の称号を持つ日本人ショコラティエ、サダハルアオキのトリュフ。ヒカリエに出店したことで話題になりましたね。
はっきり言ってただのトリュフなんですが、それだけに超滑らかにテンパリングされた舌触りが際立っていいとこのチョコ感を堪能できました。

サダハルアオキからはもう一つ。

05

その名も「ショコロン」。
マカロンをチョココーティングした超スイーツな一品です。まんま。

どうなっているかというと、

06

こう。

せっかくなのでカットしてみました。

07

あと
せっかくなので並べてみました。

08

まだまだあります。

09

こちらはテオブロマのアーモンドトリュフ。
今回の中では一番ノーマルだったかな…。

10

ノーマルっぽいでしょ。

実は、テオブロマには本当は例の月9とコラボした、作中の店舗で出しているショコラセットを狙いに行ったらしいのですが、初日の18:00に行ったにも関わらず完売の憂き目に遭ったためにやむを得ずこちらを購入したとか。要はやっつけ。

気を取り直してシメに出てきたのがこちら

11

もう一つのショコラの本場フランスからユーゴ・エ・ヴィクトール。

これすごいでしょー。本みたいでしょー。まああの作家にちなんでるわけですが。ああ無情。

12

開けるとこんな。左下がカルネ・ショコラ。中身はカカオガナッシュの「パレ・アルジャン」、紅茶のプラリネ「アールグレイ」、バニラガナッシュとピーカンナッツの「ジョルジュ・アマド」、「プラリネ・ヘーゼルナッツ」、「プラリネ・フォイティーヌ」、「キャラメル」の6個詰め。
右下がバレンタイン限定「カルネ・キュール・バレンタイン」。ヘーゼルナッツとアーモンドのハート型巨大プラリネをビターチョコタブレットにのっけました。のっけたのはミヤモトではないけれど。

極めつけはこの白いの。
これはサロン・デュ・ショコラ2014限定の商品。もう二度と手に入れることはできません。
その名も「カルネ・ド・マジ」。
購入時にもらったリーフレットによると
『魔法の枝をくるくる回して、恋に落ちるショコラのセット』だそうです。枝を回すとなぜか恋に落ちるらしいです。なんせ魔法なんで。

中身はオレンジ花風味のメレンゲをブラッドオレンジ(!)のガナッシュで包んだ「スフェール・プティ・ベゼ」(赤)、ハチミツ入りキャラメルとシリアルパフの「スフェール・ミエール」(黄)、タヒチ産バニラのキャラメルガナッシュ「スフェール・ヴァニーユ」(白)、カカオクリュをビターチョコでコーティングした「パレ・オール」。
パレ・オールは単品で通常のラインナップとして購入できるようです。

このユーゴがもうびっくりするくらい美味しくて!!

これはねえ、もうチョコレートではない。
これをショコラというのである。

もうミヤモトすっかりお気に入り。チョコ食べられるようになってよかった。

13

せっかくの豪華オールスターなので記念撮影。

あ、ちなみにちゃんとプレゼントもいただいてますよ。

14

イベント時にハンカチをもらうのはミヤモト-猫間の定番。
安物と思うなかれ。
チョコに数万かかってます(言っておかないと怒られる)。


15

食べたらお片付け。

元伊勢丹の美容部員だから包装は任せとけと言いつつてこずっていたのは内緒。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2014年7月 »