« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011/09/14

SARABA PRADA

タイミングが、すれ違い続けただけ。

現在、ミヤモトは

L852i


PRADA PHONEを使っております。
PRADAとはいうものの、LG製。型番なんとL-852i。

スマートフォンが出回る直前に、タッチパネルのケイタイが出回り始めた頃の過渡期のモデル。
そのポテンシャルを全て解き放つと、音楽プレーヤーとしてもタスクマネージャーとしても充分に活躍するらしいその素晴らしいケイタイは、PRADAの魔法に包まれた末に本体価格10万円を記録し、ドコモの店頭で購入すると窓口のお姉ちゃんが百貨店の化粧品コーナーの人みたいな白い手袋をして恐る恐る奥から取ってきてくれる一品です。

その素晴らしいケイタイを、「PRADAのケイタイとか持ってたら頭悪そうで逆にいい」と購入してからタッチパネルのレスポンスとそのスタイリッシュなシルエットやサイズを気に入って、使い続けること気づいたら3年。
数日前からタッチパネルの一部が効かなくなりました。
なんと右側1/4ほどが全く反応しなくなったのです。

PRADAケイタイは文字を入力する際、タッチパネルが

あ か さ クリア
た な は 絵文字
ま や ら
。 わ !

みたいな並びになるのですが、右1/4が反応しないのでクリアが押せません。
したがって、

文字入力をミスすると最後という事態に。

「メール」→「新規作成」→本文入力→ミス→全部消す(待ち受けへ)→「メール」→「新規作成」→……
という、とんでもなく面倒な作業をこの一週間繰り返しています。
パネルの超右端を爪でこう、かりっと引っ掻くようにすると20回に1回くらい成功します。

なので、今月中にはケイタイを変えることを決意!!
ついに愛しのPRADA PHONEと別れることに……。

ドコモショップと量販店をハシゴした結果、現在悩んでいるのはこの2機種。

L03c


スーパーデジカメケイタイ、L-03C。
PRADA PHONE同様LG製という点で使いやすいだろうという点と(今回の故障がメーカーのせいだとは思っていない)、コンパクトデジカメを持っていないミヤモトに文明の利器が舞い降りてきた感と、ビジュアルが完全にデジカメ過ぎてケイタイとして使っているときのアホさ加減に超魅力を感じています。
以前から、「次はこれがいいなあああ」とずっと考えていた機種です。

N06c


こちらは流行のスマートフォン、N-06C。その、amadanaコラボモデル。
ショップをハシゴするうちに無茶苦茶な薄さ(7.9mm!!)と独特の色みや塗装、そしてやはりインターフェイスとしての能力の高さに魅かれてこちらも一目惚れ。
iPod touchでWi-Fi接続してるからスマホなんかいらん!と思っていたのですが、ルーターなしでブラウザとメールソフトを持ち運べるのはかなり魅力。

かなり、迷ってます。

とりあえず、あと1週間くらい絵文字のないメールが届いたとしても、別に機嫌が悪いわけではないので気にしないでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/02

しかし写真うつり悪いなあ



定期的にアップしているように見えますが、まとめて書いた記事を「任意の日時にアップする」という機能を使っているだけです。





先日、地元府中で食事をしていたら店の入り口にこんなポスターが貼ってありました。

H1201018_0040

「あっっ!おのくんがいる!!」という子猫の声でよく見てみると、


H1201018_004

幼馴染の小野君がww


ミヤモトの家は、ミヤモトの通う小学校の区域の外れにあったので、少年時代ミヤモトにはあまり同じ学校の友人がいませんでした。

Photo

だいたいこんな感じ。

だもんで小学校の頃はミヤモトと小野と、小野の近所の仲良し君(実は子猫のいとこ)と、週に三回は顔を合わせてました。

因みに当時ミヤモトは小野によってトンカツと呼ばれていました。

ミヤモトンカツ、というのがことの始まりでした。

今考えるとイジメのようなネーミングですが、恐らく当時ミヤモトにはよほどキャラがなく、当時小野にはよほどセンスがなかったのでしょう。


学校が一緒にならないので、大きくなるにつれ会うことも亡くなりましたが中学までは二人ともサッカーをしていたのでたまに部活の練習試合とかで遭遇していました。

高校に入った頃にどうもサッカーで府中市の選抜メンバーに選ばれた的な噂を聞き、浪人時代に一度電車が一緒になりそのまま二人で新宿まで行ったのを最後に(そのときはひとしきり女の話とかをしていたw)、ぱたっと噂を聞かなくなっていました。


二十代も半ばを迎えた頃、たまたま再会した子猫から「小野君が日本代表になった」という話を聞きました。

聞けば音信普通だった数年の間にフットサルに土俵を移し、知らないうちにプロ選手になり、イタリアに渡りプレーをし(しかもセリエA!)、その後スペインのチームでプレーをし、浦安のチームでプレーをし、その間日本代表のエースストライカーとして活躍し(今で言う澤穂希のポジション)、地元府中のフットサルチームで今も尚プロを続けていると言います。

結婚式には有名人がたくさん来たと言います(子猫情報)。


因みに小さい頃つるんでいた小野の近所の仲良しくん(子猫のいとこ)は出席したそうです(そもそもの情報元)。


澤穂希といい小野大輔といい、府中からはストライカーが出やすいのでしょうか。いっそミヤモトもストライカー化しないかしら。人生のストライカー。


ちなみにネットで「小野大輔」を検索すると、同姓同名の声優さん(かなり有名な声優さん)が小野を差し置いて多数ヒットします。

2ちゃんによると小野はその事実を知っているそうです。あいつ自分の名前で検索とかしたんだろうか。。。


検索のついでに、なにかの間違いで小野が各停にたどり着いたら少し、嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »