« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011/08/29

モモンガは英語で、momonga

 


あれ?あっちゃん、ブログやめたんですか?





久々に展覧会に行ってきました。


Photo

名和晃平 『SYNTHESIS』 。


ずっと見たかったものの、多忙につき会期ぎりぎりになりましたが。



はるばる新宿線で菊川まで行き、そこからバスに乗り数分(紫外線アレルギー持ちがいるためこの時期外を歩けない)。

_mg_4836

東京都現代美術館(Mot)へ。

昨年末、江東区に泊まりに行った際に偶然訪れて以来。

あの頃とはいろんなもんが変わりましたが改めてご訪問。


このところ彫刻とか建築展とかが多かったので、久々のインスタレーションに興奮しました。


今回は、「Cell」という概念をもとに、ビーズ(ビー玉ではない)や発泡ウレタン、シリコンオイル等の流動的な素材を情報社会における感覚のメタファーとして扱うことで、デジタル-アナログ間を揺れる知覚や感性を表現する界面のアート作品を展示。


Pixcelldouble_deer4

これは本展メインビジュアルに次ぐ鹿シリーズ。『PixCell-Elk#2』。

二体を重ね合わせた剥製にビーズを貼り付けることで“映像の細胞”に変換し、ものを情報として扱う危うさを表現。


Dotsynthesis

こちらは『Dot-Synthesis』。用紙に落とし描かれたインクは一日かけてゆっくりと乾き、一筆ごとにインク自体の表面張力によって整列とランダムとを互いに重ねてゆきます。日々大量の情報を浴びながらデジタルとアナログの間で揺れ動く思考や感性、状況を考えさせられます。


Pixcell_saturation2detail

続いて『PixCell_Saturation#2』。本展ではバスタブのように用意された空間の中でシリコンオイルを発光させ、グリッド上に泡を発生させています。こぽこぽと焚かれ生まれては消えるCellを見ているとひたすらにその感覚は刺激され、また泡が飽和点を超えて割れていくたびにそれは麻酔のように作用していくのです。


Scum

『Scum』。

一様に無表情なまま厚みを持って膨らんでいく『灰汁』はまるで制御を失った細胞分裂にも似て、それでいて膨張した形態にモチーフや記号を持たずただストーリーの欠落した“ボリューム”があるのみなのです。



現代インスタレーションとしてはかなりメッセージ性あふれる情報の多い名和作品でしたが、その分考えるアートって感じで久々にクリエイティブが揺さぶられました。


ではいくつか。


Pixcelldeer17

『PixCell-Deer#17』


Pixcelldouble_deer2

『PixCell-Double Deer#2』


Pixcelldouble_bambi

『PixCell-Double Bambi』


Pixcell_saturation4

『PixCell_Saturation#4』


Pixcelleik2

『PixCell-Elk#2』


Aircella_36mmp

『AirCell-A_36mmp』


Pixcellmomongaexe

『PixCell-Momonga.eXe』



展示を見た後は当然ミュージアムショップへ。ミヤモトミュージアムショップ大好き。

ここでは奮発して

_mg_4848

展覧会図録を購入。奮発しました!

なんとまさかの¥1,0000ナリ。奮発しました…。


他にもちょっとしたクラフトショップがオープンしてました。

_mg_4811 このOak Villageでは天然の木から作ったおもちゃや雑貨がいっぱい。


_mg_4812 かーわーいいー。Y&Sへのおみやげにどうかしら?


_mg_4813 こちらは丁寧に木をみがいて作った木鈴、『もくりん』。気が違えば音も変わります。どれもからころとして馴染む音色!


_mg_4814 『もくりん』はこんな箱に入っています。こういうクラフトっていちいちおしゃれかわいい。宮崎あおい的な。



そして館内にイイ感じのカフェ?レストラン?を見つけたので一休み。

_mg_4821 2Fにカフェ、B1Fにレストランがありましたが今回は2Fの「CAFe HAi」に。


_mg_4820

あらステキ。さすが美術館内。オシャレカフェですこと。

オシャレカフェですが、コンセプトはベトナムなので(ショップカード参照)、コーヒーを頼むと


_mg_4815 この状態でやってきます。「今落としてるので、コーヒーが全部落ちてから飲んでくださいねー」


_mg_4818

案の定練乳がついてきます。子猫がたっぷり入れてましたが銭湯のコーヒー牛乳の味になってました。バカめ。


因みにB1Fにはレストランの他に、美術書が恐ろしいほど取り揃えられた図書館が。

_mg_4827_2 『閲覧スペース 2F階段から』


そして

_mg_4833 B1Fから外に抜けるとそこはサンクンガーデン。世田谷美術館を思わせる空間の突き抜け方。いや、写真だとむしろサヴォア邸っぽくなってますが;


なんとこの素敵なサンクンガーデンが喫煙スペースになっているので、ミヤモトたっての希望でご一服。


なかなかステキ時間を過ごせましたが、敷地が広い割には美術館はほぼ展示室とテナント、という造りだったので、もう少し共用部の空間を工夫すれば国立新美術館くらいには楽しめそうなんですが、若干もったいなかったです。

















<おまけ>

ネコノツメ

_mg_4823

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/08/26

ハイブランドのアフォーダンス



最近コアな内輪話ばかりしているせいか、コメントがありません。

ミヤモトコメントがないとなきそうになる持病を持っていますので優しくしてください。





仕事が変わったのをいいことに、買物をしてきました。


_mg_4842

モンブランの名刺入れ。愛用のスターウォーカーと並んでお披露目です。

好きなんですよー。モンブラン。

持ってる男が絶対いないじゃないですか。モンブラン。

でも質感やアイコンがしっかりしてるから、どう考えてもどこぞかのブランド物だとわかってもらえる(大人になるとある程度ものを持ってる感というか、要はハッタリが必要になる)。

持っているかどうかは別にして、私はモンブラン好きなので名刺入れという比較的安いものがあるのを知っているのですが、基本的に高値商品しか取扱がないブランドなので(数万のペンとか百万円いかない時計とか)あまり愛用者に遭わない。

完全に自己満足で終われるあたりが好きです。


うちの子猫には「見た目から入るせいで無駄遣いばかりしている」と言われますが、何が入り口であろうと自分のテンションが上がるスイッチを把握しておくのは大事。その分成果は出しているからいいのです。

稼ぐようになったら、時計とか欲しいですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/22

おせんべつ

タスク管理がままならないので手帳をA5にしようか迷っています。

仕事を変える際、(前)職場のみなさんからいろんなものをいただきました。

_mg_4806

本○君からはROCKSTAR。どうやらYOSHIKIプロデュースの品らしいです。激マズです。なんというか、オロナミンCにスポーツドリンクを混ぜた感じ。

本○君、ライブとか行きたいのでイベント打ったら教えてください。

_mg_4807

道○君からタバコ1カートン。プレゼントにタバコを選ぶあたりそうとういいセンスしてると思います。しかもカートン。どうしてなかなかお高いものを。

_mg_4804

伊○さんと春原さんから連絡先。伊○さん酔っ払うとこ見たいです。27日楽しみにしてます。

_mg_4805

井○さんからモモのぬいぐるみ。タグには「おつかれさまでした」の一言。ぶっちゃけ一番嬉しかったです。

井○さんには入社時からお世話になっていたので結構なつきあいになります。この個性と傲慢の塊のオッサンを長いこと丸め込んだ実力は充分誇りに値すると思います。私は、あの部署の役職になるべくは井○さん、と思っています。期待しております。

H1201018

そしてまゆこさんの名刺。出ましたゆーりんプロ(笑)。

「連絡先を…」と言って出てきたのがこの名刺だったので笑いました。大人だぜまゆこさん。

ちなみにまゆこさん、ナレーターや声優としてのお仕事も大変順調です。本人のために言っておきますが、吹き替えをした洋画のDVDが普通にツタヤにあったりする結構すごい人です。

あとはまあ、最後まで心配していただいた武○マネージャーや、去りゆく私に貴重な器の話をしていただいた井○リーダー、最後に3000円のうなぎをご馳走していただいた永○リーダーにも大変お世話になりました。

正直あの頃に比べると現在の環境は劣悪です。教育のきの字もありません。社長に器が認められません。

それでもよかったと思えるのは、かつて皆様にご指導いただき意識が変わったからだと実感しています。上の人間はあまり頼れんので自分でなんとかせにゃならん!という今の状況は、あの頃の教えをいかに実践できるかというちょうどいい舞台です。

さしあたり、良○氏よりかねがねやるやると言われている送別会的なものの誘いが未だ来ないのが残念です。早くしろ。

長らくお世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/21

お困りの際は、是非弊社まで



大人になるまで、東京ドームがどのへんにあるのか知りませんでした。





大変ご無沙汰しております。ミヤモトでございます。

ここしばらく、大変大変忙しくて全く手をつけられませんでした。


というのも、

実はミヤモトこの度


転職いたしました。


もうオッサンいい年なので、いつまでも楽してお金を稼いでいるわけにもいかず、長い長い転職活動の末、晴れて

株式会社デイズヌーヴェルにて、B to Bの人材採用コンサルタントとして働くことになりました。


転職活動の際にお世話になった皆様方にご挨拶をしなければならないのですが、なれない業務が多忙を極め全くできておりません。

社会人としてどうなのかと毎日思うのですが、せめて取り急ぎご報告ができればと、この場で公表いたします。

当初はなにかものづくりに携わることがしたいと、書籍の編集やライター、広告業界での転職を目指していましたが(ゴールデンボンバーが表紙のあの雑誌編集の最終面接に行ったりした)、未経験三十歳でのトライは非常に困難を極め、改めて自分のキャリアプランを見つめなおしたところアイデアを発想するという業種に着目し、最終的にコンサルタントに落ち着きました。


他人に(しかも企業に)ダメ出しをして、改善法を提案するというコンサルタントの手法は今思うとミヤモトに非常に向いているのではないかと思います。

給料も結構いいし(某損害保険システム担当と同じ程度)。


皆さま、近いうちにお礼参りに伺います(使い方違う)。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »