« ビビれ山崎 地上編 | トップページ | ふっさふさ »

2011/06/08

多摩の果てまでイッテQ

あっちゃんに彼女ができたと聞きました。おめでとうございます。

玉川上水ってご存知ですか?

その昔、江戸幕府が市中の飲料水不足のため多摩川から支流を引っ張ってくる計画を立てました。

工事は取水元に住んでいた庄右衛門・清右衛門兄弟に任命し、奇跡の半年で多摩~四谷間を開通。その後長きに渡り江戸の民へ新鮮な飲料水が届けられ、功績をたたえられた兄弟には晴れて『玉川』の姓を名乗ることが許されたそうです。

現代ではかの太宰治が入水自殺を図ったことで有名な東京の上水道ですね。

遥か多摩の西からなんと新宿区四谷まで続くこの上水道は現在ほぼ枯れ果て使われていないものの、一部流域は東京都水道局の水道施設として現役で使用されているそうです。

今回、その玉川上水が引っ張られている取水堰まで行ってみました。

自転車で。

『多摩川をぐんぐんのぼっていくと、そのうち玉川兄弟なる人物の像が建っている』

という謎の情報を弟から手に入れたのがきっかけです。

なんだよ玉川兄弟ってww というちょっと面白そうな理由でうっかり出かけてみましたが、

これが果てない旅になるのでした。

ちなみにどのくらい遠かったかというと、

Photo

こんなです。

もう一度言いますが、

自転車です。

死ぬか思いました。

まあ死ぬ思いをしたのは途中方々へ寄り道をしたからなんですが。

旅を始めてまず寄り道したのは

_mg_4502

日野天満宮。

学業祈願で有名らしい、という弟の情報に興味を示して入ってみると

_mg_4509

まさかの交通安全。

しかも発祥の地。

こういうのってホントに発祥とかあるんでしょうか。

かなり胡散臭いんですが。

胡散臭いんですが、

_mg_4520

境内から入り口を見上げた景色がステキ。

入り口から参道を下って境内に行く寺社って珍しくないですか?

ふつう境内って高台にありますよね?どっちかっていうと。

ちなみに日野天満宮はなぜか

_mg_4505

鶏が放し飼いになってます。(笑)

_mg_4518

そこかしこで鶏が(笑)

鳥の楽園日野天満宮では

_mg_4530

鳩もご立派。

そして日野天満宮、

_mg_4524

突然合格ゼリーが売ってます。

…あれ?学業祈願やっぱり有名なのか??

日野天満宮を後にして、せっせと自転車を漕いでいると

_mg_4532_2

オンボロ建築発見。

_mg_4534_2

国立会館だそうです。国立競技場とかの仲間でしょうか。

絶対嘘だと思います。

途中の道で

_mg_4554

アルフィー高見沢邸発見。絶対嘘だと思います。

そろそろ多摩川に沿っていかないと道をロストしてしまう!

ということで、河川敷のサイクリングロードへ。

_mg_3990

あら絶景。

_mg_4537

あらステキ。

ところで、サイクリングロードって、果てなく伸びてますよね。

あれ、最後どうなってるか知ってますか?

_mg_4539

こうなってます。

突然終了します。

終了した後どうなるかというと

_mg_4540

これから舗装するの!的道路が数十メートル続いた後、

_mg_4541 あれは…

あの奥は一体どうなって…

_mg_4542

…民家?

_mg_4543

…民家ですね。

…通っていいんでしょうか。失礼いたしま~す

で、失礼いたした先には

_mg_4544

またもやステキビュー!

気をよくしてずんずん進んでいくと

_mg_3984

運動公園…ですかね。なかなかよい感じの。

_mg_4590

ようこそ福生市!  を超えて、

_mg_4594

すんごい道を進み、

_mg_4591

マムシに注意して

_mg_4598

自作レースカーのある民家を過ぎると

_mg_4579

玉川兄弟キターーーーーーー!!!

そして

_mg_4583

感動のエンディング画面です。

世界に平和が訪れた瞬間です。

_mg_4582

平和になった世界では子供たちが元気に水遊びをしていました。

_mg_4575

平和になった世界では水鳥もその姿を見せます。

しかしここから…四谷まで…。

川ひっぱるったって相当ありますよ?

01_2

※相当ありますよ?の図解

【おまけ】

自作レースカーの全貌。

_mg_4600 

|

« ビビれ山崎 地上編 | トップページ | ふっさふさ »

daily」カテゴリの記事

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1342939/40297958

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩の果てまでイッテQ:

« ビビれ山崎 地上編 | トップページ | ふっさふさ »