« 私はモデラー | トップページ | ビビれ山崎 地上編 »

2011/05/23

その名はひかり



すっかり記事が溜まりました。





GWくらいの話なんですが、勉強をするという口実で朝から図書館に行ってきました。

なんでまた図書館かといいますと、

府中市立図書館が全面改築されてからかれこれ数年、まだ一度も行ったことがなかったのです。

建物がステキなのです。


なんと朝9時にスタバでごはんww

ウマーな朝のコーヒーをいただいた後は、府中の駅からゆっくり歩いて図書館へ。

以前は小劇場とか講堂とかが内包された、府中市の市民会館は、2007年に市立中央図書館と合併し晴れて総合施設『ルミエール府中』へと生まれ変わりました。


_mg_3963


このステキ物件の中に大小そろえたコンベンションホール4つ、会議室5つ、レクリエーションルーム、料理講習室、音楽講習室、カフェレストラン、地下駐車場を備えています。


ちなみに設計はオタクの武道館、東京国際展示場でおなじみ佐藤総合計画です。

知らない人のために解説しますが、ここの初代代表の佐藤武夫という建築家は建築における音響研究の第一人者で、かの日光東照宮の鳴竜の仕組みを初めて科学的に解明したという、およそ府中にはモッタイナイ方です。


ではぐるっと見てみましょう。


_mg_4445

カフェレストラン、ロータスガーデン。そのウッドデッキです。

デッキに出てコーヒーでも飲みたかったのですが、さっきスタバしてきたばかりなので今回は断念。


_mg_4451

1Fロビー。証明が超現代建築。


_mg_4453

1Fには会議室が。

Nervが設置されてそうです。


_mg_4448

こちらは2Fテラス。

2Fには_mg_4456


料理講習室。家庭科の 授業を思い出します。


3F・4Fは図書館。かなり綺麗に作られていて、まるで本のカフェテラスといったところ。

Pro02_img02


_mg_4458

こちらは3F廊下。日差しが心地よくてよ。


_mg_4459

休憩コーナー。

喫煙コーナーはベランダに設置されているので非常に快適です。

喫煙者に優しい府中市。


_mg_4463

3F踊り場から市外を望む




ミヤモトは午前中ここで たっぷりと本を読み、お昼は子猫を連れて駅前の大戸屋に行き(なんと生まれて初めて大戸屋に行ったらしい)、午後はそのまま府中で生活用品とかを買い出して帰りました。

…あれ いつ勉強したの?


|

« 私はモデラー | トップページ | ビビれ山崎 地上編 »

architecture」カテゴリの記事

daily」カテゴリの記事

ぶらぶら」カテゴリの記事

コメント

おー
建物探訪(・o・)ノ

投稿: 妹 | 2011/05/27 03:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1342939/40101799

この記事へのトラックバック一覧です: その名はひかり:

« 私はモデラー | トップページ | ビビれ山崎 地上編 »