« その名はひかり | トップページ | 多摩の果てまでイッテQ »

2011/05/31

ビビれ山崎 地上編

どうでもいい話なのですが、ビデというものが何をするものなのか、いまだによく知りません。

山崎君ノリノリなので、約束どおり部屋のプラモ達を片付けてみました。

全部ひっくり返して写真を撮ったので少しずつ発表していきます。

まずは地上戦用MSを集めた『地上編』。自動的に宇宙世紀初期のものが多いです。

_mg_4668

RX-79(G)陸戦型ガンダム。顔や体が左右非対称なのがいいんです。

まあこの写真では全然わかりませんが。

今回のポイントは

地上戦用武装

です。

地上戦専用MSの武装なので、実戦で使いまわした雰囲気を出すため

_mg_4669

武器に汚し塗装を施しています。

続いては

_mg_4674

RX-79 GP01 ゼフィランサスです。

かなりよく撮れました!!超カッコイイ!!

ゼフィランサスといえばオーストラリア・トリントンでの戦闘でしょう!ということでデザートイエロー系の汚し塗装を、足元を中心に入れています。

_mg_4677

MS-07B-3 グフカスタム。

グフといえばやっぱりB-3型。あの指鉄砲がどうも気に食わないのでww

ヒートロッドがミミズでなくてきちんとロッドになっているのもよいです。

まあフィンガーがわりのキャノン砲とガトリングシールドのおかげで全体的に左半身が重いんですが…。

ちなみにこのグフカスタムはミヤモトが生まれて初めて作ったガンプラです。

初体験なので汚し塗装なし!!(笑)

_mg_4655

そしてこちらはMS-18E ケンプファー。

ケンプファーいいですねえ。これもかなりカッコイイですねえ。

肩の色が変だったり頭の色が変だったり右足の装甲がなかったりするのにカッコイイですねえ。

ケンプファーはようやく塗装に慣れてきた頃で、この頃ミヤモトの中でメタリック色がかなりブームだったんですよ。

で、試験的に頭部をメタリックグリーンで塗ったり、肩をテレフォニカブルーで塗ったりした名残ですね。一時期は確か全身青竹色だった気もするんですが、やはりケンプファーはあの青が一番完成された色だということに気づき塗りなおしていた途中で力尽きた記憶があります。

ケンプファーはなにせ武装の多いMSなので、かなり力を入れて汚し塗装しました。

_mg_4657

どうですコレ!!

ショットガン(アーム付き)、シュツルムファウスト、ショットガン(アームなし)、ジャイアントバズ×2。

どれもかなりの汚し塗装です。

ただ、実際ケンプファーこんなに汚れるところで戦闘してないですよねww

しかも1回使いきりのシュツルムファウストの弾頭が既にかなり汚れているというww

次回は宇宙編です。当然、宇宙と書いてそらと読みます。

<おまけ1>

_mg_4730

グフカスタムに付属してきた1/100のノリス・パッカード。きっちり塗装してみました。

<おまけ2>

_mg_4731

前々回出てきた胸像シリーズ。

ウイングガンダムゼロカスタム エンドレスワルツ版(レアカラー パール仕上げ)です。

処分しようと思っているんですが、深澤さんいりませんかね?

|

« その名はひかり | トップページ | 多摩の果てまでイッテQ »

daily」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1342939/40199782

この記事へのトラックバック一覧です: ビビれ山崎 地上編:

« その名はひかり | トップページ | 多摩の果てまでイッテQ »