« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011/05/31

ビビれ山崎 地上編

どうでもいい話なのですが、ビデというものが何をするものなのか、いまだによく知りません。

山崎君ノリノリなので、約束どおり部屋のプラモ達を片付けてみました。

全部ひっくり返して写真を撮ったので少しずつ発表していきます。

まずは地上戦用MSを集めた『地上編』。自動的に宇宙世紀初期のものが多いです。

_mg_4668

RX-79(G)陸戦型ガンダム。顔や体が左右非対称なのがいいんです。

まあこの写真では全然わかりませんが。

今回のポイントは

地上戦用武装

です。

地上戦専用MSの武装なので、実戦で使いまわした雰囲気を出すため

_mg_4669

武器に汚し塗装を施しています。

続いては

_mg_4674

RX-79 GP01 ゼフィランサスです。

かなりよく撮れました!!超カッコイイ!!

ゼフィランサスといえばオーストラリア・トリントンでの戦闘でしょう!ということでデザートイエロー系の汚し塗装を、足元を中心に入れています。

_mg_4677

MS-07B-3 グフカスタム。

グフといえばやっぱりB-3型。あの指鉄砲がどうも気に食わないのでww

ヒートロッドがミミズでなくてきちんとロッドになっているのもよいです。

まあフィンガーがわりのキャノン砲とガトリングシールドのおかげで全体的に左半身が重いんですが…。

ちなみにこのグフカスタムはミヤモトが生まれて初めて作ったガンプラです。

初体験なので汚し塗装なし!!(笑)

_mg_4655

そしてこちらはMS-18E ケンプファー。

ケンプファーいいですねえ。これもかなりカッコイイですねえ。

肩の色が変だったり頭の色が変だったり右足の装甲がなかったりするのにカッコイイですねえ。

ケンプファーはようやく塗装に慣れてきた頃で、この頃ミヤモトの中でメタリック色がかなりブームだったんですよ。

で、試験的に頭部をメタリックグリーンで塗ったり、肩をテレフォニカブルーで塗ったりした名残ですね。一時期は確か全身青竹色だった気もするんですが、やはりケンプファーはあの青が一番完成された色だということに気づき塗りなおしていた途中で力尽きた記憶があります。

ケンプファーはなにせ武装の多いMSなので、かなり力を入れて汚し塗装しました。

_mg_4657

どうですコレ!!

ショットガン(アーム付き)、シュツルムファウスト、ショットガン(アームなし)、ジャイアントバズ×2。

どれもかなりの汚し塗装です。

ただ、実際ケンプファーこんなに汚れるところで戦闘してないですよねww

しかも1回使いきりのシュツルムファウストの弾頭が既にかなり汚れているというww

次回は宇宙編です。当然、宇宙と書いてそらと読みます。

<おまけ1>

_mg_4730

グフカスタムに付属してきた1/100のノリス・パッカード。きっちり塗装してみました。

<おまけ2>

_mg_4731

前々回出てきた胸像シリーズ。

ウイングガンダムゼロカスタム エンドレスワルツ版(レアカラー パール仕上げ)です。

処分しようと思っているんですが、深澤さんいりませんかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/23

その名はひかり



すっかり記事が溜まりました。





GWくらいの話なんですが、勉強をするという口実で朝から図書館に行ってきました。

なんでまた図書館かといいますと、

府中市立図書館が全面改築されてからかれこれ数年、まだ一度も行ったことがなかったのです。

建物がステキなのです。


なんと朝9時にスタバでごはんww

ウマーな朝のコーヒーをいただいた後は、府中の駅からゆっくり歩いて図書館へ。

以前は小劇場とか講堂とかが内包された、府中市の市民会館は、2007年に市立中央図書館と合併し晴れて総合施設『ルミエール府中』へと生まれ変わりました。


_mg_3963


このステキ物件の中に大小そろえたコンベンションホール4つ、会議室5つ、レクリエーションルーム、料理講習室、音楽講習室、カフェレストラン、地下駐車場を備えています。


ちなみに設計はオタクの武道館、東京国際展示場でおなじみ佐藤総合計画です。

知らない人のために解説しますが、ここの初代代表の佐藤武夫という建築家は建築における音響研究の第一人者で、かの日光東照宮の鳴竜の仕組みを初めて科学的に解明したという、およそ府中にはモッタイナイ方です。


ではぐるっと見てみましょう。


_mg_4445

カフェレストラン、ロータスガーデン。そのウッドデッキです。

デッキに出てコーヒーでも飲みたかったのですが、さっきスタバしてきたばかりなので今回は断念。


_mg_4451

1Fロビー。証明が超現代建築。


_mg_4453

1Fには会議室が。

Nervが設置されてそうです。


_mg_4448

こちらは2Fテラス。

2Fには_mg_4456


料理講習室。家庭科の 授業を思い出します。


3F・4Fは図書館。かなり綺麗に作られていて、まるで本のカフェテラスといったところ。

Pro02_img02


_mg_4458

こちらは3F廊下。日差しが心地よくてよ。


_mg_4459

休憩コーナー。

喫煙コーナーはベランダに設置されているので非常に快適です。

喫煙者に優しい府中市。


_mg_4463

3F踊り場から市外を望む




ミヤモトは午前中ここで たっぷりと本を読み、お昼は子猫を連れて駅前の大戸屋に行き(なんと生まれて初めて大戸屋に行ったらしい)、午後はそのまま府中で生活用品とかを買い出して帰りました。

…あれ いつ勉強したの?


| | コメント (1) | トラックバック (0)

私はモデラー

気づいたら篠田のブログを3時間くらい見ていた。

今回、かなり濃い話なので担当者意外はざーっと見ていけば良いと思います。

最近ひょんなことでガンダム好きが発覚した山崎君。

山崎君がもっと見せろというので今回はガンプラ披露です。

いつぞやのお部屋大改造という名の片付けの際にかなり封印してしまったので、今部屋に展示されているのはそんなにないのですが。

_mg_4604

1/100MGサザビーです。

その、作りかけ(というか作り途中で放置されている)です。

赤いところ意外は全部作り直してます。

昔書いたかもしれませんが、ミヤモトはガチのプラモ屋さんなので、一体作るのに最低1ヶ月かかります。

まずは取説を読んで、パーツの構造を理解して、一回組み立ててプロポーションをチェック、コイツはもっとゴツい感じを出したいので肩幅を広くして、胴を少し長くして、そうすると腕を延長しないとバランスが悪くなるので…。

次にカラーリングチェック。綿密に考察して塗料を配合します(売ってるままの色をそのまま塗ることはまずない。大体1体につき2~5色くらいを配合した色を6~10色くらい使う)。ここはこの色で、ここはこの色。でもこことここはひとつのパーツでできてるから塗りづらい、じゃあ一回パーツを分割して塗ったあとに組みなおせるようにしよう…。

その後は組み立てたプラモを一回分解し、おのおのパーツごとに改修に入ります。

パテを盛り、ヤスりで削り、プラ板を貼り、表面を均して。

改修が済んだら塗装に入ります。

下準備として塗料が乗りやすいように表面の加工処理をして、ついでに組み立てた跡が残らないように接合面の処理。

下地を塗装した後にいよいよ実色の塗装。

影を意識しながら艶感に気をつけて素早く慎重に行います。

そんなこんなでできたのが

_mg_4606

シャア専用リックドム。

肩は作りかけで放置ww

実際シャア色はサーモンピンクに近いわけですが、ミヤモト的には断然真紅でしょう。ジョニーライデンとモロカブリですが(笑)

ポイントは

_mg_4608

この影ですね。

このリックドムは確かプラモデビュー3体目くらいに作ったものだったと思います。

おかげで継ぎ目処理がかなり雑なんですが、その割には塗装がうまいと思います。

この手のシャドーは通常赤の上から影を吹くわけですが(行っておきますが手塗りではありません。エアブラシです)、これは黒地にクリアーレッドベースの赤を拭いた、いわゆるMAX塗りです。

ジオンには俄然MAX塗りが映える!!

_mg_4611

こちらはグフカスタム。グフと言えばB型よりもB-3型。ランバラルよりノリス。

食玩として売っていたMSの胸像を塗りなおしました。当然元はB型。

素材がビニールだったから塗料乗せるのに苦労した記憶があります。

_mg_4614

我らがファースト。

因みにファーストガンダムの形式番号はいわずと知れたRX-78-2ですが、これは宇宙世紀0079年に特殊なプロジェクトで開発されたRXシリーズの78番目の機体の試作2号機、という意味です。

ガンダムというのは、増えすぎた人口をなんとかしようと人類がついに宇宙にも移り住むようになったころの未来の話なわけですが、作中では人類が宇宙にコロニーを建設し移住を始めた年を宇宙世紀元年とし、この時点でそれまで使われていた西暦を廃止した、という設定です。

ガンダムは人類が宇宙で暮らすようになって79年目に開発されたのです。

なぜ79年目かというと、ガンダムがTVで放映されたのが西暦1979年だったから、という嘘のような本当の話。

因みにミヤモト、自慢じゃないが1979年生まれです。

ガンダムと、同い年です。

_mg_4616

因みにこんなのもいます。

三頭身ザク(本気塗装)。

山崎君ごめん。

今はこんなもんです。

近いうちにまた部屋を片付ける予定なので、その時にかつてしまいこんだMSたちを一回眠りから呼び起こします。

フリーダムとか∞ジャスティスとか、ミーティアとかいるから待っていてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »