« 必需品 | トップページ | 日本人のわからない日本語 »

2010/09/14

その名は、あっちゃん



各停の主であるミヤモトは、当然誰がいつ各停に来たかを知ることができます。


それだけで個人を特定できるわけではないのですが、一応閲覧者の個人情報を主に公開することになるので、ブログサービスを展開する企業にとってどこまで開示するかが微妙なところなんですが、ココログの場合はだいたい

・回線業者(ホスト名)

・OS

・言語(OSの。ほぼ日本語。)

・ディスプレイ解像度

・各停にたどり着いたルート(url直接打ち込んだ、Googleで検索した、ハルさんのブログに張られたリンクからやってきた、等)

なんかが分かります。検索でたどり着いた場合は何の単語で検索したかも分かります。今のところ多いのは、「丹下健三」「神奈川県立美術館」等の建築関係のキーワードと、「hyde ロング 昔」とかです。


DX化してからというもの、なぜか異常な訪問数をたたいております各停ですので、ちょくちょく皆さんの足跡をチェックしているのですが、毎日のようにアクセスしているハルさんやたまに訪れるY&S夫妻なんかに混じって(因みにケイタイのアクセスは有料会員にならないと見れないので、かなぇの履歴は確認できない)、なぜかちょくちょく来ていただいているのですがミヤモトまったく心当たりがない、という方が結構いらっしゃいます。


1人、英語OSからアクセスされてる方とかいてびびります。あー あー サンキューソーマッチ。


つい先日、そんな謎の常連さまの正体が一部、判明いたしました。


アツシ先輩です。


以前ハルさんのブログで、その自宅と肖像を公開されたハルさんの先輩です。

別にミヤモトの先輩ではありません。

というか、ミヤモト会ったこともしゃべったこともないのですが、やはりインテリアというか建築というか、そちらの方面の方だそうで、聞くところによるとミヤモトと同い年らしいです。照明が好きらしいです。

さらにブログを拝見すると、ミヤモトが狙いつつ貼り付けられなかったUNIQLOCKを貼り付けたり車が好きだったり、他人とは思えない周波数を出しているので、そのうち乾杯しながらあっちゃんあっちゃんと呼べる日が来ることをひそかに夢見ています(話したことはありません。このあたり人としての最低さを遺憾なく発揮)。


8/10の記事でミヤモトのことを書いてくれていたのですが、ハルさんのアホがリンクを貼っていなかったのでその存在に全く気づきませんでした。すいません。


ですので、今日ここにアツシ先輩のad blogを紹介したいと思います。

真っ黒で落ち着いた雰囲気の、バーみたいなステキブログです。


お部屋も新宿のど真ん中にあるモテ部屋です。椅子がイームズです。ミヤモトあんなにスムーズになじんでるデザイナーズはじめて見たぁ。

個人的には、座ったときの目線の位置に設置された時計がとても新鮮で感動しました。

『インテリア』というものをデザインする、というのはこういうことなのだなあ、と気づかされました。やはり空間あってのインテリアなのですねえ。建築は使用価値のあるインスタレーションの一環、と考えるミヤモトには大変勉強になりました。


ご本人もとても落ち着いた雰囲気のアツシさん。同い年ではしゃぎっぱなしのミヤモトはまともに顔を見れそうにありませんが、お面着用でよろしければ今後とも、よろしくお願いいたします。

|

« 必需品 | トップページ | 日本人のわからない日本語 »

ご挨拶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1342939/36725533

この記事へのトラックバック一覧です: その名は、あっちゃん:

« 必需品 | トップページ | 日本人のわからない日本語 »