トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010/03/26

他4冊で1,5000円くらい

この間、本屋に行ったときに写真集を見てきまして。

いくつかよさそうなのがあったので購入しました。

H120101

今城純『over the silence 』

画像は三冊セットのうちの1冊、『sweden』です。

他に『germany』と『estonia』がセットになって、500部限定販売中。

ハルさんとか結構好きそうな感じなので少しだけお見せします。

Img_1368

Img_1364

素敵な気持ちになれますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/25

HarunobuTobaどっと混む

なにやらDX化してからいろんな人が来てくれているようです!

主にハルさんのブログ経由で。

この分では世界征服も夢ではないのう、吉田君!!

さてさてさて。

そんなこんなでDX化にあたり何度となく登場した建築家ハルさんですが、ミヤモトすっかりハルさんのブログを紹介するのを忘れてました。

HarunobuToba.com

ツレツレな日記

先にも申し上げましたが、大変オシャレなステキブログです。

ガンガンハードル上げさせていただきます。

大変オシャレなステキブログです。

右側にある

Harunobutoba こんなリンクにマウスを持っていくと変な音がします。

さすがオシャレなステキブログです。

あとミヤモトの顔にモザイクがかかっていない、

大変危険なステキブログです。

おいおまえまじあぶねーから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/24

see the sea

あの○×のあった公園は、妹の高校の生徒が頭髪検査に引っかかったときに髪を黒くすることで有名な公園だそうです。

今回は葉山の旅です。

神奈川県立近代美術館へ、長澤英俊の展覧会を見に行ったのですが、案の定館内は撮影禁止のため画像なしです。

ですので今回も途中の建築とかをメインに。

まずは逗子駅に着きまして、駅前にある「バー クレセント」をチェック。

Img_1189_3

実はこのここ、横から見ると

Img_1190

超鋭角三角形!

劇的ビフォーアフター!!

こういうの、実際に見たのは初めてです。

そして、鹿島建設研修センター(旧小田良治別邸)。

Img_1196

裏から見ると、こう。

Img_1202

さすが天下の鹿島。さすが別荘地葉山。

鹿島の社有地なので当然門が閉まってましたが、中に入ってみたかったですねえ。

で、海沿いまで来たのでマリーナから浜へ降りて相模湾を堪能。

Img_1223_3

うーーみーー

Img_1231

うーーーみーーー!

Img_1261

なーーみーー!

Img_1317

うーーみーー!(写真撮りすぎた)

しかもなんと、

Img_1211_2

浅瀬に魚がいます(画像クリックで拡大推奨)。

画像下のはヒトデだそうです。ほんとかよー。

海沿いには

Img_1272

旧カフェ・モア。

今は何なのか、という話ですが。

恐らく個人の別荘でしょう。

葉山は別荘地という土地柄、建築物のステータスが明かされていないことが多くて困ります。

Img_1296_2

こんなのとか。

ホントはもう少しうろうろする予定だったのですが、

予想以上に海でテンションを上げすぎてはしゃぎこんでしまったので、一目散に美術館へ。

Img_1340

到着。

Img_1335

外周の散策路を進むと早速、数々の作品にお目にかかれます。

Ii

冨樫一『ハーモニー II』

Photo

安田春彦『地平の幕舎』

そして、

Img_1336_2

冷水機。足元のスイッチを踏むと飲料水がぴょーっと出てきます。

冷水機すらアート。

Img_1324

何故か散策路を順路と逆に巡ったため、通常なら出口となる中庭から入るミヤモト。

展覧会を楽しんで出てきたときには夕暮れ時。

美術館も海沿いに建っているため、いい具合に夕日が!

Img_1326_8

本日のベストショットと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/19

本邦初公開

念のためですが、画像をクリックすると大きくなりますよ。

えー

現在ミヤモトは大規模な部屋の模様替えを計画中。

その見本となるハル邸内部の公開を、何とか許可いただいたので気が変わらないうちにアップします。

Img_1112

酔っ払っていたので手元がひどいことになっていますがそこはまあモザイク代わりということで。

なんとこのソファで寝ると体がどこも痛くならない魔法のソファです。

というかもうベッドです。ステキベッド。

ハルさんお気に召さないらしく引越し時に処分を決意しているのでミヤモトが買い取り予約しました。

模様替え終わるまで引っ越さないでね?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/03/18

本丸到着(写真いっぱい)

どうもハルさんのブログから各停にお越しいただいた方がいる模様。

お声かけてください!お茶とか出しますから!!

さてさてさて。

そんなこんなでぶらぶらしつつ、やっとの思いで世田谷美術館到着です。

Img_1052

傘持参の雨寸前的空模様の割に映りがいいのはひとえにミヤモトの腕だ。

ビビれ。

とりあえず内井昭蔵展に入る前に外観をチェック。

建物は図書室、講堂、展示室、レストラン、と機能別に別棟配置され回廊で結ばれています(上写真右側→エントランス・ホール、左側→展示室、中央→回廊)。

素材も経年効果でなじみの出るナチュラルなものを使っていて、内井が生涯掲げた「自然環境との調和」「生活空間の延長」というテーゼがここでも前面に押し出されていました。

Img_1063                   「中庭(サンクンガーデン)への階段」

Img_1070_3                    「くぬぎの広場を囲むパーゴラ」

尚、建物内部は展覧会期中のため撮影禁止。東京都民は行って見てください。というか大分県民とかも行っちゃえば?

この後、近隣の建築物件を見て回る予定…だったんですが、

やはりの雨&空真っ暗のためタリーズでコーヒーを飲んで撤退。

オペラシティでちょい微妙な釜飯を食べてハル邸にしけこみました。

Img_1083                     「夜景 環状八号線」

因みに次回はハル邸を公開予定です。…大丈夫だよね?ね?

翌日は昼に起きて(というか昼まで寝て)、ハル邸近くのアジアカレー屋にてブランチ。名倉似のインド人的店員が出してくれたミルクと砂糖のヨーグルト的プリンが美味でした。

そしてうって変わっての晴天に気をよくし、新国立劇場を眺めつつ前日行けなかった建物を見に行くことに。連休しといてよかったー

Img_1117_3 新国立劇場。ハル邸から徒歩2分です。

Img_1121_3 犬、カメラ目線。あと奥の守衛さんも。

Img_1127_2 中庭。

ミヤモト建築写真うまいなあ。

建築写真家、というジャンルのプロはいないのでしょうか。

弟子入りを試みたい。

因みにハル邸から徒歩30秒の場所にこんなのがあります。

P2010_0228_192941_4

P2010_0228_192949_3

 院長 女医。

皮膚科なのに、 院長 女医 をアピール。

べつにそれ、言わなくていいよ?

で、着いたのが

Img_1141_2

東京聖十字教会。設計はかの巨匠F=ロイド=ライトの愛弟子A=レーモンドです。

ライトの作風と異なるのはレーモンドが独立後ライトの作風から離れる道を模索していたからですね。

その後彼はフォイアシュタインと出会いペレ・スタイルに開眼、以後インターナショナルスタイルの道をひた走る・・・。

そんな時代の作品です。それでも綺麗な外観を保っているのは修道士さん(教徒さん?)たちのマメなメンテナンスのおかげでしょうか。なんとなく画が浮かびます。

Img_1149                    「礼拝堂」

長かった世田谷散策も終わりに近づきましたが、最後の最後に教会近くの自販機にてもやもやドリンク発見。

Img_1170_3

この後ミヤモトはウルトラコーラを買い、ほとんど飲まずにハルに渡すという暴挙に出ます。ほんとこの人よく友達いるなあと思います。

またそのうち、お出かけしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/15

写真てどのくらいアップできるのか?という実験も含めて

さてさてさて。

建築家ハルさんと砧公園へ出かけたものの、なかなか着かないわけですが。

なにせ広大な世田谷区!

そこらへんに時間のつぶれそうなスポットがいっぱいです。

例えば、真言宗東覚寺。

Img_1042 ステキなお寺です。

なんていうか、決して大きくないけど、何か豪華。

Img_1041

豪華なので観音様がいます。

財布なくしたみたいな顔してるのが気になるところですが。

Img_1043

手水所にはご立派な龍がいらっしゃいました。

ご立派過ぎて今にもしゃべりだしそうです。

Img_1043_3

的な。

そして東覚寺を抜けると突然

Img_1044

竹林です。

突然竹林。なにやらファンタジックになってきましたぞ、と思ったらなんと。

見つけてしまいました。

Img_1050_2

ハウルの動かない城。

たぶん、動かないと思います。たぶん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/11

歩きすぎました

そろそろ乗り換え者が来るのかしら?

ハルという友人の、腹が立つようなオシャレブログに負けまいと、ココログへ引っ越してきたミヤモトですが、

そんなハルさんと先日世田谷区を長距離歩行しました。

目的は世田谷美術館で行われていた内井昭蔵展覧会。

元建築家志望のミヤモトと、現役建築家のハル。

早速、おらっ!と行くことになりました。

なりましたが、

世田谷美術館がある砧公園は実に交通の不便なところにあり、

最寄り駅?どこ?どこで降りても20分くらい歩きますけど!

みたいな場所にあったため、京王線八幡山駅から南下するという強行スケジュールを敢行。

1日がかりの小旅行です。都内で。

で、せっかくだから途中途中でもやもやしたものを見つけたら迷わず入っていこう!と二人で決めて旅立ちました。

しばらくはこのハルさんネタで引っ張ります。

でも大丈夫!

各停はDXになりました!

今回は写真も立派なものがつくので(いままでは各停の雰囲気を考慮してあまりちゃんとした写真はつけないようにしていた)、飽きずに見ていけます!

胸を張って言えます!だってDX!なにせDX!ただしもう止まりそう!

駅を降りて環状八号線を南下すると、早速見つけてしまいました。

Img_1032

滑り台で○×ゲーム。

因みに写真はミヤモト(×)とハル(○)の対戦後です。ミヤモトは、○×の盤面を4×4マスにしなかったアホの頭が理解できません。

4×4で3つ並んだら勝ち、にすると途端に難易度が上がりますがいかがでしょう?

因みに、○×の裏側には

Img_1033

何故かの電卓…  電卓か?

この電卓には地元少年のものと思われるきったない字で

「キスしたことある」

とか書いてあります。「したことある」です。ごめんミヤモトもしたことある。

謎の多い世田谷区。

普通の住宅街にいきなり

Img_1035

どピンクのマンションが建ったりしています。

マンションですよ。決してキスとかする場所ではありません。

コーポ芦花公園とかですよ。

「おまえんち、どこ?」

「環八の近くのねえ、『コーポ芦花公園』」

で、行ったらどピンクだったらどうする?

どんな人が住んでいるのか見てみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/09

祝!DX!! ~ただしもう止まりそう~

どうもどうもどうも~。イモトです。

嘘です。ミヤモトです。

croozからのお客様、お久しぶりです。

初めての方は、初めまして。

ミヤモト、croozというブログサイトでかれこれ5年近くブログを書いていたわけですが、前々からの不便さと、ケイタイベースの作り(PCで見たときにしょぼいことになっている)に嫌気が差しまして、この度ココログさんで新装開店リニューアルいたしました!

あのココログさんで!

あの○鍋さんのいるココログさんで!

○うこりんのいるココログさんで!

○ナさんのいるココログさんで!

その名も 各駅停車DX!!

各駅停車のDXというのはもう急行なんじゃないの

と思ったあなた!

甘い!

急行より遅いぞ!!

急行より遅いぞ!!(2回言った)

そんなわけでの初ココログ、まったく扱いがわからないので目隠し手探りでとりあえず記事を作っているわけですが、

そもそもが、

ミヤモトの知人にハルという建築家がおりまして、

彼がもう、それはオシャレなブログを書いているわけです。

googleで。

主に建築関係の。

オシャレなっ!

ステキなっ!

ナマイキなっ!

クソがっ!

そんなんミヤモトもやりたいやい!

という原動力があったりします。

なので、今後各停はアートで大人でDXなブログとして生まれ変わる可能性が高い、ということをここに宣言することでもう逃げられないようにしたいと思います。

ただし!

もう止まりそう というキーワードが生きていることも宣言しておきます。

逃げ道がないとわーってなるから。

あー

とりあえず初回テストってことで、何でもいいから試しに書いてみましたが…

こんなもんでいいかしらん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2010年4月 »